メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本航空「Ladies and Gentlemen」廃止 性的マイノリティー配慮

[PR]

搭乗口で搭乗時刻のアナウンスをする日本航空の地上旅客係員=成田空港で2020年9月26日午後5時56分、中村宰和撮影

 日本航空は機内や空港の搭乗口で英語の案内アナウンスをする際、「Ladies and Gentlemen」(淑女、紳士の皆様)の呼び掛けを9月末で取りやめる。性別を前提とした英語表現だとして、日航は「性的マイノリティーのお客様が不快な思いをしないように」と廃止を決めた。10月1日から新しいアナウンスに変更する。

 機内で、客室乗務員は旅客の搭乗や降機、飛行中のサービス開始の際、英語のアナウンスの始めに「Ladies and Gentlemen」と必ず敬称をつけていた。社内のマニュアルに基づいた対応で、国際線だけでなく、外国人の旅客が搭乗している国内線の便でも使っていた。搭乗口では、地上旅客係員が搭乗時刻の案内の際にアナウンスしていた。

 日航は2014年に「ダイバーシティ宣言」をし、性別や年齢、国籍、人種、宗教、障害の有無、性的指向、性自認などの属性によらず、多様な人材が活躍する環境の創造に取り組んでいる。その一環として、英語アナウンスの変更を決め、マニュアルも改める。

 10月から全社的に、客室乗務員は「Good morning/Good afternoon/Good evening,everyone」(おはようございます、こんにちは、こんばんは。皆様)や「Attention,all passengers」(皆様にお知らせいたします)を使う。地上旅客係員のアナウンスもほぼ同じ内容にする。

 性別を前提とした敬称はニューヨークやロンドンの地下鉄も取りやめている。

 こうした対応に、機内で「Ladies and Gentlemen」を使用している全日本空輸は「お客様からの声などを踏まえ、社内で検討する」と説明している。【中村宰和】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです