メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関脇・正代が初優勝 「大関昇進」確実に 大相撲秋場所

正代(奥)が突き落としで翔猿を降し、初優勝を決める=東京・両国国技館で2020年9月27日、西夏生撮影

 大相撲秋場所千秋楽は27日、東京・両国国技館で行われ、東関脇・正代(しょうだい、28)=本名・正代直也、熊本県宇土市出身、時津風部屋=が初優勝した。14日目を終えて2敗で優勝争いの先頭に立っていた正代は、千秋楽に新入幕の東前頭14枚目・翔猿を降し、13勝2敗で初の賜杯を手にした。優勝制度が確立された1909(明治42)年…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文405文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「誤解に基づいた意見も」 学術会議・梶田会長「正確なデータに基づく議論」訴え 会見詳報

  2. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  3. ORICON NEWS Sexy Zone、2年半ぶり5人でライブ 松島聡が久々の“鼻の下投げキッス”

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 二階派幹部、車で10時間かけて地元・山口に帰ったわけは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです