メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男子高飛び込み 14歳玉井が高得点で2連覇 板と合わせ2冠 日本選手権最終日

男子高飛び込み決勝で1位になった玉井陸斗の3回目の演技=新潟県長岡市のダイエープロビスフェニックスプールで2020年9月27日、大西岳彦撮影

 飛び込みの日本選手権最終日は27日、新潟県長岡市のダイエープロビスフェニックスプールで行われ、男子高飛び込みは14歳の玉井陸斗(JSS宝塚)が高難度の技を次々と決めて528・80点の高得点を出し、史上最年少優勝を果たした前回に続いて2連覇した。

 板飛び込みと合わせた男子2冠は2010年の坂井丞(ミキハウス)以来10年ぶり。大久保柊(昭和化学工業)が413・85点で2位、坂田慈央(茨城・取手二高)が401・00点で3位だった。

 3回目は持ち技で最も難易率が高い前宙返り4回半抱え型(109C)。玉井は勢いよく台の先端で踏み切った。鋭く回転し、ほぼ水しぶきを上げずに入水。審判員のうち…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文734文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. JR東海が初の赤字、1920億円予想 新幹線利用の激減響く

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです