メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「これからまだまだ期待できる」正代、大関昇進へ 秋場所優勝

初優勝し賜杯を受け取る正代(左)=東京・両国国技館で2020年9月27日、宮間俊樹撮影

 大相撲秋場所千秋楽は27日、東京・両国国技館で行われ、東関脇・正代(しょうだい)(28)=本名・正代直也、熊本県宇土市出身、時津風部屋=が新入幕の東前頭14枚目・翔猿を降し、13勝2敗で初優勝した。優勝制度が確立された1909(明治42)年夏場所以降、熊本県出身力士の優勝は初めて。

 正代の初優勝を受けて、番付編成を担当する日本相撲協会審判部は昇進を諮る臨時理事会の開催を八角理事長(元横綱・北勝海)に要請し、了承された。30日の理事会を経て…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. JR東海が初の赤字、1920億円予想 新幹線利用の激減響く

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです