メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教えて!池上さん

/312 最高裁判事の死 新しい判事は誰? 裁判所の判断左右

え・藤井龍二

[PR]

 <みんなの

 アメリカの最高裁判所さいこうさいばんしょのギンズバーグ判事はんじ(87)がくなりました。共和党きょうわとうのトランプ大統領だいとうりょう後任こうにん判事はんじえらぼうとしていますが、民主党みんしゅとうは「11がつ大統領選挙だいとうりょうせんきょえらばれたひとめるべきだ」と反発はんぱつしています。これはどういうことなのでしょうか。

判事はんじていねんなし

 日本にっぽんもアメリカも裁判所さいばんしょには、まず地方裁判所ちほうさいばんしょがあり、そこでの判決はんけつ不服ふふくなら、高等裁判所こうとうさいばんしょに「もう一度いちど判断はんだんして」とたのむことができます。これを「控訴こうそ」といいます。高等裁判所こうとうさいばんしょにあたるものはアメリカでは控訴裁判所こうそさいばんしょといいます。そこでの判決はんけつにも不服ふふくなら、最終的さいしゅうてき最高裁判所さいこうさいばんしょうったえることができます。ここでの判断はんだん最終さいしゅう決定けっていです。

 ここまでは日本にっぽんとアメリカはよくているのですが、ちがいもあります。たとえば日本にっぽん最高裁判所さいこうさいばんしょ判事はんじ裁判官さいばんかん)は長官ちょうかんふくめて15にんですが、アメリカは9にんしかいません。判決はんけつ多数決たすうけつめるので、わざと奇数きすうにしているのです。

 日本にっぽん最高裁判事さいこうさいはんじていねんは70さいですが、アメリカの最高裁判事さいこうさいはんじていねんはありません。本人ほんにんめるかくなるかしないかぎり、ずっと裁判官さいばんかんでいられるのです。これは「おまえなんかめさせてやる」という圧力あつりょくをかけられることなく良心りょうしんにしたがって判決はんけつせるようにするためです。

期待きたいほし」が…

 9にん判事はんじのうち、ルース・ベイダー・ギンズバーグさんが9がつ18にちくなりました。ギンズバーグさんは最高裁判所さいこうさいばんしょ女性じょせい判事はんじとしては2ふたりで、女性じょせい地位ちい向上こうじょう差別さべつ反対はんたい立場たちばから最高裁さいこうさいなか保守派ほしゅは男性だんせい判事はんじ激論げきろんわしてきました。

 同性婚どうせいこんみとめてもいいというリベラルな立場たちばだったので、リベラルな立場たちばひとおお民主党みんしゅとう支持しじしゃからは「期待きたいほし」とばれ、あいされていました。かしら文字もじをとって「RBG」という愛称あいしょうばれていたほどです。

 ギンズバーグさんがくなったため、トランプ大統領だいとうりょう後任こうにんえらぼうとしています。最高裁判事さいこうさいはんじ欠員けついんとなった場合ばあいは、大統領だいとうりょう後任こうにん指名しめいし、議会ぎかい上院じょういん過半数かはんすう賛成さんせいがあれば就任しゅうにんします。ところが、これが大変たいへん論議ろんぎんでいます。

保守派ほしゅは影響力えいきょうりょくつよまる?

 トランプ大統領だいとうりょう保守ほしゅてき立場たちば共和党きょうわとう大統領だいとうりょう。リベラルなギンズバーグさんの後任こうにん保守ほしゅてき判事はんじ任命にんめいしようとしているのです。これまでの判事はんじ保守派ほしゅはが5にん、リベラルが4にんですが、ギンズバーグさんの後任こうにん保守派ほしゅはになれば、保守ほしゅたいリベラルは6たい3となり、最高裁判所さいこうさいばんしょはいまよりずっと保守的ほしゅてきになりそうです。

 保守派ほしゅはなかには同性婚どうせいこんみとめるべきではないとかんがえるひともいます。最高裁さいこうさいは2015ねん同性婚どうせいこんみとめる判決はんけつしていますが、「同性婚どうせいこんみとめるかどうか」という裁判さいばんふたたこされたら、まえ判決はんけつがくつがえされるのではないかという見方みかたています。

 トランプ大統領だいとうりょうのこのうごきにたいして、民主党みんしゅとうは「まもなくおこなわれる大統領選挙だいとうりょうせんきょ当選とうせんしたひと判事はんじ任命にんめいすべきだ」と主張しゅちょうしています。民主党みんしゅとうのバイデン候補こうほ当選とうせんすれば、後任こうにんもリベラルにできるからです。

 たしてどうなるのか。最高裁さいこうさい判事はんじをめぐっても対立たいりつするのがいまのアメリカなのです。<え・藤井龍二ふじいりゅうじ


池上彰いけがみあきらさん[ジャーナリスト]

 1950ねん長野県生ながのけんうまれ。NHKで報道記者ほうどうきしゃやニュースキャスターをつとめた。2005ねんからフリーのジャーナリストに。名城大学めいじょうだいがく教授きょうじゅ東京工業大学とうきょうこうぎょうだいがく特命とくめい教授きょうじゅ著書ちょしょに「池上彰いけがみあきら親子おやこ新聞しんぶんむ!」など多数たすう

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中古車販売好調 地方移住も追い風 「密」避けた交通手段 長野

  2. ジスカールデスタン元仏大統領死去 94歳 新型コロナで サミット発足に注力

  3. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  4. 福岡市中心部の天神にサル出没 警察官や見物客らで一時騒然

  5. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです