メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ORICON NEWS

『バイオハザード』新作アニメ制作決定、Netflixで来年配信 フル3DCGで初の連続CGドラマ化

情報提供:ORICON NEWS

新作Netflixオリジナルアニメ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』のティザービジュアル (C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
 大人気サバイバルホラーゲーム『バイオハザード』の新作オリジナルアニメが制作されることが決定し、Netflixにて2021年に全世界独占配信されることが27日、発表された。フル3DCGアニメーションで、シリーズ初の連続CGドラマとして制作。タイトルは『BIOHAZARD:Infinite Darkness』(※読み『バイオハザード:インフィニット ダークネス』)に決定した。

【動画】冒頭から緊張感…そして恐怖!クレア&レオンも登場するティザーPV

 1996年にPlayStationでゲーム第1作が発売され、来年25周年を迎える『バイオハザード』シリーズ。2017年公開のCG映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』から3年、さらなる進化を遂げた未だかつてないフル3DCGアニメーションの映像作品が動き出すことになった。

 今回の製作・原作監修には、数々の『バイオハザード』シリーズを世に送り出したカプコンの小林裕幸プロデューサーが参加。制作プロデュースには、トムス・エンタテインメント、『バイオハザード:ヴェンデッタ』で制作プロデューサーを務めた、宮本佳率いるQuebicoがフル3DCGアニメーション制作を担当する。

 ストーリーは、人気キャラクターのレオン・S・ケネディとクレア・レッドフィールドの2人を軸に物語が展開するホラーアクション。ダイナミックなアクションシーンに、サスペンス要素も加わった誰も見たことのない『バイオハザード』の世界を描く。

 公開されたティザービジュアルは、数々の死線をくぐり抜けてきたレオン・S・ケネディとクレア・レッドフィールドが血染めの壁を背に、新たな脅威に立ち向かう静かな決意の姿が描かれている。また、ティザーPVでは、闇夜に佇む廃屋に足を踏み入れ“なにか”を発見してしまうクレアや、暗闇で“誰か”を助けるレオンの雄姿を見ることができる。

 『バイオハザード』は、1996年に1作目がPlayStationで発売され、絶望的な状況から、武器やアイテムを駆使し生還していくという“恐怖”をゲームで再現し、「サバイバルホラー」という新しいゲームジャンルを開拓した名作。家庭用ゲーム機や携帯アプリなどで140作品以上もの商品展開がされているカプコンの人気コンテンツで、世界中で多くのファンから支持され、販売累計本数は全世界で1億本を超え。2021年には発売25周年を迎え、ゲーム最新作『バイオハザード ヴィレッジ』の発売が控えている。


情報提供:ORICON NEWS

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. ドキュメンタリー映画「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」田部井監督インタビュー

  3. 大阪都構想 維新政治、評価二分 民間委託推進「地下鉄きれいに」「金儲け主義」

  4. どうなる大阪市!なるか「東京に並ぶ副首都」? 都構想 大都市制度巡る議論に一石

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです