メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

かつては結構あったのに! いま人気の国産SUVから「3ドアモデル」が消えたワケ

情報提供:カートップ

かつては結構あったのに! いま人気の国産SUVから「3ドアモデル」が消えたワケ

かつてはRAV4やパジェロなどにも3ドアモデルが

 クロカンやSUVにも、以前であれば3ドアボディというのが存在した。ショートボディだったり、デザインを優先したりなど、理由はいろいろだが、珍しい存在ではなかった。しかし、今や3ドアというと、ジムニーぐらいだろう。あとは5ドアばかりだ。

初代トヨタRAV4のリヤスタイリング

 なくなってしまった理由として一番大きいのは、やはり使い勝手だろう。クーペが減ってしまったのも同様で、後ろに乗り込むのがとても大変。ここのところ長い間、2ドアや3ドアというのは減る一方だけに経験がない人がほとんどだろうが、子供なら潜り込むようになるのも楽しいだろうが、大人はけっこうきつい。もちろん荷物も気軽に後席に積むというよりも、シートのすき間から置いたり、取ったりするのはかなり苦労する。

120系トヨタ・ランドクルーザープラドの3ドアモデルフロントスタイリング

 最近ではミニバンや5ドアのSUVの使い勝手のよさが当たり前になっているので、なおさら厳しい。デザインコンシャスと絶賛されたランドローバーの初代イヴォーグも、結局は使い勝手で5ドアが売れたし、実際に買うユーザーの声も実用性重視とのことだった。また、古くは初代RAV4の3ドアがユニークと絶賛されつつも、間延びした5ドアのほうが人気だったし、またコンセプトカーから抜け出でてきたホンダのHR-Vも、スタイリッシュな3ドアが不振で、5ドアがてこ入れ的に追加された。

ホンダHR-Vのリヤスタイリング

 それでもパジェロやエスクードなどに3ドアがあったのは、スポーツカーと同じく、趣味性が高いクルマを受け入れる余裕というか、時代性があったのだろう。

三菱パジェロの3ドアモデル走行シーン

 ジムニーが3ドアなのは軽自動車という、そもそも制限のあるクラスだから5ドアにするというのは無理というのは一般ユーザーもわかっていることなので、例外的なもの。極端な話、結局は見る分にはコンパクトにうまくまとまっていていいけど、実際に所有するのはちょっと……、という時代になったというわけだ。

スズキ・ジムニーとジムニーシエラの走行シーン


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピンクマスクでいじめNO 名張高生が学校祭で配布し呼びかけ 三重

  2. 東京都内で570人の感染確認 過去最多を更新 重症者1人増え61人

  3. 原子力規制委にサイバー攻撃 「機密性2」に不正侵入か 警視庁が捜査

  4. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです