メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

まさか「中古軽トラ」まで手が出せない! 新車を上まわる「価格高騰」の中古軽自動車3選

情報提供:カートップ

まさか「中古軽トラ」まで手が出せない! 新車を上まわる「価格高騰」の中古軽自動車3選

今後更なる価格上昇の可能性もある平成ABC!

 軽自動車と言えば、限られたボディサイズと排気量のなかでさまざまなユーザーのニーズを満たそうと各メーカーが努力を重ねて生み出されたものであり、最近は装備が充実してコンパクトカー並みの価格も車種も存在するものの、基本的には手ごろな価格で手にすることができるという点でも人気を集めている。

 そんな軽自動車のなかでも気づけばプレミア価格がつけられ、下手をすれば新車時の価格を上回るプライスタグを掲げるモデルも登場するようになってきた。今回はそんな高値となってしまったプレミア軽自動車をご紹介しよう。

1)平成ABC(オートザムAZ-1、ホンダ・ビート、スズキ・カプチーノ)

 まずはバブル期に企画されて90年代初頭に登場した平成ABCトリオと呼ばれる3台だ。どれも後輪を駆動する2シーターモデルとなっており、AZ-1はガルウィング、ビートはNAで唯一自主規制値いっぱいの64馬力エンジン、カプチーノはオープン、タルガ、クーペと姿を変えるボディとそれぞれに唯一無二の特徴を持ったモデルとなっている。

ABCトリオのイメージ

 この3台のなかでもっとも高額だったAZ-1でも149.8万円(デビュー時)という新車価格であったが、現在ではその新車価格を超えるものも少なくなく、高いものでは200万円超も存在するといった状況だ。

AZー1

 もっとも、ビートとカプチーノは安いものでは30万円~というものも存在し、すべてが高騰しているわけではないが、海外に輸出された個体も確認されていることから、今後更なる価格上昇もあり得そうだ。

カプチーノ

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  2. 歌手の小金沢昇司容疑者を酒気帯び運転の疑いで逮捕 容疑認める 警視庁高井戸署

  3. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  4. 東陽町駅で視覚障害者の男性が転落し死亡 ホームドアは稼働開始前 東京メトロ

  5. JR東日本vsホンダ熊本 第8日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです