メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

プラグインハイブリッドすらももう古い? 日産がシリーズ式HVの「e-POWER」を推すのは未来を見据えた選択だった

情報提供:カートップ

プラグインハイブリッドすらももう古い? 日産がシリーズ式HVの「e-POWER」を推すのは未来を見据えた選択だった

e-POWERは電気自動車のノウハウを活かしやすい

 日産自動車が、シリーズハイブリッドのe-POWERの商品を充実しているのは、電気自動車(EV)の技術を適用できるからだ。

 クルマの未来は、EVに集約されていくと私は考える。理由は簡単だ。クルマからの排出ガスがゼロになり、モーター駆動であることにより駆動力制御がエンジンの約1/100の速さでできるため、走行安全性の向上や自動運転へ向けて優位性がある。

 e-POWERに代表されるシリーズハイブリッド方式は、モーターで駆動し、エンジンは発電のみに使われる。したがって、走りに関してはEVと同じ考えで制御できる。そして発電用のエンジン制御も、充電に絞ってプログラムすればいい。充電の際には、走行状況に応じて回転数が変化するが、それでも安定的な回転管理が可能なので、多少のアクセル操作の雑さがあっても平均燃費に大きな変動が出ない利点もある。モーターとエンジンの役割分担が明確で、簡素な構成だ。すなわち信頼耐久性も優れるといえるだろう。

e-POWERのパワーユニット

 プラグインハイブリッド車(PHEV)は、短距離はEVとして走れるが、長距離になるとハイブリッド車(HV)走行になる。このとき、e-POWERのようなシリーズ式であれば、モーター駆動で制御していけるが、パラレル式といってモーターとエンジンを併用して走る方式だと、どちらも最適制御の兼ね合いをみはからって走らせることになるから、制御要素は複雑になる。

ノートe-POWERの走り

航続可能距離が伸びたリーフe+

レンジエクステンダーを搭載するBMW i3

e-POWERのイメージカット

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです