首相地元・横浜、IR誘致の行方は コロナや汚職事件、議論停滞

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2019年9月の台風15号で横浜市を視察した後、記者団の取材に応じる官房長官時代の菅義偉氏(左)と林文子市長=同市金沢区で2019年9月18日、樋口淳也撮影
2019年9月の台風15号で横浜市を視察した後、記者団の取材に応じる官房長官時代の菅義偉氏(左)と林文子市長=同市金沢区で2019年9月18日、樋口淳也撮影

 横浜市が進めるカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致計画の行方に注目が集まっている。汚職事件や新型コロナウイルスの影響で国の動きが停滞する中、IRに積極的な姿勢を示してきた地元選出の菅義偉氏(衆院神奈川2区)が首相に就任したことで、市は動きが加速することを期待する。一方、地元の反対は根強く、野党側は首相の地元である横浜を主戦場とする構えを見せている。

この記事は有料記事です。

残り1196文字(全文1374文字)

あわせて読みたい

注目の特集