メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

斎藤幸平さん(経済思想家) 「新しい脱成長」が未来を開く 脱資本主義を 『人新世の「資本論」』刊行

インタビューに答える斎藤幸平さん=大阪市北区で2020年9月9日、大西達也撮影

 記録的な猛暑に集中豪雨、スーパー台風の襲来。気候変動はいよいよ私たちの生活を脅かしている。経済思想家、斎藤幸平さん(33)の新刊『人新世(ひとしんせい)の「資本論」』(集英社新書)は気候危機の時代に、まさにその危機の根本原因である資本主義の矛盾を撃ち、目指すべき社会のビジョンを鮮やかに描く。「経済成長を続けながら地球環境を守るのは無理がある。危機を乗り越える唯一の選択肢は、資本主義そのものに挑む新しい脱成長だ」と斎藤さんは唱える。

 冒頭から耳の痛い話が続く。著者に言わせれば、エコバッグもマイボトルも「環境保全につながる良いことをした」という免罪符でしかない。有限である地球を壊してまで経済成長を追い求める私たちは<正気を失っている>と。人類がこれまでに使った化石燃料の約半分は、冷戦終結後の30年間で浪費された。大量生産・大量消費を土台にした生活の代償として気候危機に直面する今こそ、「資本主義というシステムを相対化し、その枠を…

この記事は有料記事です。

残り1387文字(全文1805文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で過去最多2686人の感染確認 新型コロナ 2500人超えは3日連続

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. 高橋大輔3位 アイスダンス転向後初の公式戦 フィギュアスケートNHK杯

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです