メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英月の極楽シネマ

望み(2020年、日本) 誰もに現れうる残酷な顔

映画「望み」=Ⓒ2020「望み」製作委員会

 誰もがうらやむような幸せな家族が、高校生の息子・規士(ただし)(岡田健史)の失踪をきっかけに壊れていきます。規士がいなくなった日に彼の友人の殺害された遺体が発見されます。目撃情報から何人かの少年が逃げていることが分かり、その後ネット上で「もう1人死んでいる」といううわさが広がります。規士は加害者か被害者か。不安な家族のもとに押し寄せるマスコミ。取材は過熱し、建築家の父・一登(堤真一)の仕事だけでなく、高校受験を控えた妹・雅(清原果耶)にも影響を及ぼします。息子の無実…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです