メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜支局長からの手紙

ボランティアの表現、対等に /岐阜

 岐阜市で初めて実施される「ボランティアコーディネーション力3級検定」の告知依頼で、市生涯学習センターの生涯学習・ボランティア相談担当、清水由子さん(60)が、支局へ来られました。そして清水さんは、新聞の言葉遣いに注文を付けました。「ボランティアを『奉仕』や『慰問』と表現しないでください。違うものです」。私も過去にそう表現したことがあります。説明をお願いしました。

 「奉仕は、国家や学校の指示、宗教によりやるものであり、断れません。ボランティアは自らの意思に基づきます。無償の労働力ではありません」。戦争中の「勤労奉仕」が、思い浮かびました。

この記事は有料記事です。

残り931文字(全文1203文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

  3. クマをドローンでくまなく捜索 出没相次ぎ自治体が対策 追い払う成果も 石川

  4. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  5. 二“人”六脚-保護犬イブと暮らして 熱中症でやせるイブ 犬にかまれ大けがも やがて穏やかな表情に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです