メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から

泉佐野市、田尻町、熊取町 ごみ処理場計画 建設巡り官民協議平行線 専門家「予定地議論、地域の声反映を」 /大阪

泉佐野市、田尻町、熊取町が進める、老朽化に伴う新たな広域ごみ処理施設建設について説明を受ける地元住民ら=大阪府泉佐野市で2020年8月30日、鶴見泰寿撮影

 泉佐野市、田尻町、熊取町の3市町は、老朽化に伴う新たな広域ごみ処理施設建設計画を進めている。2030年4月の稼働開始を目指すが、予定地の住民が「選定自体が疑問だ」と計画の見直しを求めている。施設の建設計画はこれまでに各市町の議会で報告されている。しかし予定地では一部住民にしか知らされておらず、その地域の一般住民への説明会も20年夏、ようやく始まり、3市町の市民に広く知れ渡っていないのが実情だ。専門家は「“迷惑施設”を一部住民に押しつけないように、オープンな場で予定地を議論するなど市民の声を反映させるべきだ」と提案する。【鶴見泰寿】

この記事は有料記事です。

残り1337文字(全文1606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ちびまる子ちゃん」ナレーション交代 キートン山田さん「番組はまだまだ“後半へつづく”」

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  4. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  5. コロナ交付金で「感染差別根絶の鐘」はあり? 佐賀県議会で激論に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです