メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くろしお物語

紀伊・房総/6 『九十九里』にみる漁村のくらし 世直し一揆「真忠隊」 /和歌山

貧困や格差への憤りが爆発したのが真忠組事件だった=カバーイラスト、地図は『九十九里』(林清継著)より

 今年に入ってからの思いもよらぬ新型コロナウイルスの感染拡大は、日本国内はもちろん世界中で騒ぎを巻き起こし、いまだ終息は見えない。疫病は繰り返し、人類社会を襲ってきた。『病が語る日本史』(酒井シヅ著、講談社学術文庫)によると、幕末の文久2(1862)年には、麻疹の大流行で24万もの人が亡くなったという。そんな不安定な情勢の中、世の矛盾をただそうと、九十九里で農民隊が決起した。

 以下の内容は、『九十九里 幕末真忠組事件』(林清継著、崙書房)による。

この記事は有料記事です。

残り959文字(全文1184文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 脳しんとうの力士が取り直し 土俵の安全性に警鐘 協会、初場所後に本格協議へ

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 警視庁担当記者が過激派「中核派」のアジトに入り、見た世界とは

  5. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです