メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

菅改革の積み忘れ=山田孝男

絵 五十嵐晃

 新政権の政策の重点は新型コロナの克服と経済の回復にあり、国民世論はこれを支持している。

 しかし、一歩引いて考えてみれば、コロナは、現代の文明社会と人間のありように対し、鋭く深い問いを突きつけている。

 この混乱は異常気象や大災害と同様、地球生態系を狂わせた人間の活動の帰結ではないのか? コロナが映し出した大都市の過密とせわしない日常こそ見直すべきではないか?

 これらの問いに対する答えは、菅義偉首相と新閣僚が連呼する社会の「デジタル化」「競争促進」や「縦割り行政打破」のリーダーシップによってもたらされるものではない。

この記事は有料記事です。

残り1078文字(全文1338文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体操・内村が新型コロナ感染

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』急きょ当日収録 矢部浩之「扱えないアウトもある」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです