連載

風知草

世論は風だ。でも世論とは何だ――。永田町を知り尽くす山田孝男特別編集委員の政治コラム。

連載一覧

風知草

菅改革の積み忘れ=山田孝男

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
絵 五十嵐晃
絵 五十嵐晃

 新政権の政策の重点は新型コロナの克服と経済の回復にあり、国民世論はこれを支持している。

 しかし、一歩引いて考えてみれば、コロナは、現代の文明社会と人間のありように対し、鋭く深い問いを突きつけている。

 この混乱は異常気象や大災害と同様、地球生態系を狂わせた人間の活動の帰結ではないのか? コロナが映し出した大都市の過密とせわしない日常こそ見直すべきではないか?

 これらの問いに対する答えは、菅義偉首相と新閣僚が連呼する社会の「デジタル化」「競争促進」や「縦割り行政打破」のリーダーシップによってもたらされるものではない。

この記事は有料記事です。

残り1078文字(全文1338文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集