メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの風景

デジタル庁 推進と抑制、両立可能か=武田徹

皇居での閣僚認証式を終え初閣議に臨む平井卓也デジタル相=首相官邸で16日、玉城達郎撮影

 自民党総裁選で言及したデジタル庁創設に向けて、菅義偉新首相はデジタル改革・IT担当相を任命するなど着実に布石を打ってきている。

 確かに保健所が感染者情報をファクスで送っていたり、押印がネックとなってテレワークができなかったりするなど、コロナ禍で日本のデジタル化の遅れが改めて露呈した。省庁の縦割りを超えて改革を進める必要は十分に理解できる。

 だが、携帯電話料金の引き下げなど派手な話題に目を奪われがちな中で留意しておきたいのはデジタル化の影響が及ぶ範囲の広さと深さだ。

この記事は有料記事です。

残り848文字(全文1083文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京メトロ東西線の線路上に支障物 一時全線運行見合わせ 飯田橋駅付近

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 「富士山ビュー特急」運転席でふれあい 富士急イベントに親子連れが参加 山梨

  4. ヘイトスピーチ反対運動続けた崔江以子さんらに人権賞 罰則条例制定に貢献 東京弁護士会

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです