メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

「普通の人」の過激化、徹底解説 来月6日、オンライン講演会

毎日新聞出版から「歪んだ正義」を著した毎日新聞の大治朋子専門記者=提供

[PR]

 <毎日新聞からのお知らせ>

 「『普通の人』がなぜ過激化するのか」をテーマにした大治朋子・毎日新聞専門記者のオンライン特別講演会を10月6日(火)18時半~20時に開きます。自著「歪んだ正義」(毎日新聞出版・1760円)<上>=の刊行を記念しての開催です。10月4日まで参加者を募集しています。

書影「歪んだ正義」=毎日新聞出版提供

 大治記者は調査報道で2002、03年度の新聞協会賞を連続受賞。その後、ワシントン、エルサレム特派員を務めました。

 人々が衝突する現場を世界各地で幾度も取材した経験から、過激化するプロセスを明らかにし、それを防ぎ、引き返す道筋を見いだしたいと2年間休職してイスラエルの大学院などで学びました。

 その研究成果をまとめたのが本書で、「自粛警察」や通り魔にも共通する暴力のメカニズムをわかりやすく解説しています。

 オンライン講演会の参加費は2000円(税込み)。QRコード<下>=からお申し込みください。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱重工広島vs日本新薬 第8日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗

  2. 改造スクールバスで「移動式ウエディング」 3密回避 名所巡りライブ配信も 北海道

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 横綱の休場続きで重み揺らぐ角界番付 21年は新時代の幕開けか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです