メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奇跡の傍らで

激務でも楽しかった研修医時代 日々進歩感じられ=荻田和秀・りんくう総合医療センター産科医

 ドラマの「半沢直樹」が高視聴率と、かなりの話題になっています。

 池井戸潤さんの筆になる原作を読むと、バンカーたちの正義の戦いがまるでアクション小説のようですが、もう一つのテーマがあります。それは「世代間の戦い」です。主人公の半沢は学校を出た後、就職しやすく待遇の良かった「バブル世代」、部下たちはバブル崩壊後の就職氷河期で苦労した「ロスジェネ(ロストジェネレーション)世代」に設定され、会社の幹部たちの世代と三つどもえの戦いも描かれています。

 僕は年齢的には半沢と同じくバブル世代に当たります。ただ僕たち医者の世界は、バブルの恩恵とは無縁で、代わりに「研修医残酷物語の時代」がありました。

この記事は有料記事です。

残り1027文字(全文1322文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. 83年「形式的任命」政府答弁の維持「答えるのが困難」 内閣府

  5. 外国人苦学生 「進学のため」働き過ぎで失った在留資格 ベトナム人留学生、日本の生活に疲れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです