メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウチの教授

@大学 うちのセンセイ スウェーデンに恩返し 明治大国際日本学部教授・鈴木賢志さん

 専門は政治社会学。各国の社会的背景などが政策や社会システムにどう反映されていくのかを日本と比較してその要因を探る。

 外交官を目指し、東京大法学部へ進んだ。在学中に打ち込んだ弓術は国際交流に役立つこともあった。自由に政策提言ができると思い富士総合研究所(現みずほ情報総研)で勤務した後、留学のためロンドンへ渡った。その後、指導教官の紹介で、スウェーデンのストックホルム商科大学院の欧州日本研究所で仕事を得た。

 10年ほど勤務したが、突然研究所が大幅縮小され、自身も含めほぼ全ての研究員が解雇されてしまった。そんな時、明治大の国際日本学部創設に伴い、母校が明治大付属明治高校・中学校だった縁から声がかかり、2018年には学部長に就いた。

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文643文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  2. 北関東の豚盗難に関与か、ベトナム人宅を家宅捜索 2人を入管法違反容疑で逮捕

  3. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです