メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飛び込み 日本選手権 14歳玉井が2冠

男子高飛び込み決勝で1位になった玉井陸斗の3回目の演技=新潟県長岡市のダイエープロビスフェニックスプールで2020年9月27日、大西岳彦撮影

 飛び込みの日本選手権最終日は27日、新潟県長岡市のダイエープロビスフェニックスプールで行われ、男子高飛び込みは14歳の玉井陸斗(JSS宝塚)が高難度の技を次々と決めて528・80点の高得点を出し、史上最年少優勝を果たした前回に続いて2連覇した。

 板飛び込みと合わせた男子2冠は2010年の坂井丞(ミキハウス)以来10年ぶり。大久保柊(昭和化学工業)が413・85点で2位、坂田慈央(茨城・取手二高)が401・00点で3位だった。

 3回目は持ち技で最も難易率が高い前宙返り4回半抱え型(109C)。玉井は勢いよく台の先端で踏み切った。鋭く回転し、ほぼ水しぶきを上げずに…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです