メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

影山貴彦のテレビ燦々

マツコ卒業、「ホンマでっか!?」 余韻に浸る時間をもっと

10月7日放送の「ホンマでっか!?TV SP」で、マツコ・デラックスに代わる新レギュラーメンバーが発表される。写真はMC(司会)の明石家さんま=フジテレビ提供

 <影山貴彦のテレビ燦々(さんさん)>

 明石家さんまがメイン司会を務める人気バラエティー番組「ホンマでっか!?TV」(カンテレ系)。番組がスタートした2010年から、10年間にわたってレギュラーを務めていたマツコ・デラックスが、16日の放送で「卒業」した。テレビの世界は、春と秋が主たる改編期にあたる。番組の終了や新番組の立ち上げ、あるいは企画変更されるのが今の時期に多いことは、読者もよくご存じのとおりだ。出演者の降板も特に珍しいわけではない。

 ただ、今回の「ホンマでっか!?TV」は、少し様子が違っていた。番組エンディングでマツコのあいさつはなく、ナレーションと「マツコ・デラックスさんは今日の放送で卒業します。約10年間ありがとうございました」という内容のテロップが表記されただけだった。花束を手にした収録後のマツコの姿は一瞬映ったが、正直あまりにあっけない印象を持った。

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  2. 志村けんさんへ議場の全員で「アイーン」 東京・東村山市が名誉市民授与

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. 野村克也さんが死去 84歳 戦後初の3冠王、ID野球で3度日本一

  5. 渡哲也さんは「高倉健さんと双璧の一種美学の男」 脚本家の倉本聰さん寄稿

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです