メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立皇嗣の礼、11月中旬軸に調整 政府、コロナ感染状況見極め判断

秋篠宮さま=代表撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴って延期していた秋篠宮さまが皇位継承順位1位の皇嗣(こうし)となられたことを国内外に宣言する「立皇嗣の礼」について、政府は11月中旬を軸に実施する調整に入った。近く皇位継承に関する式典委員会を開き、感染状況を見極めた上で判断する。政府は代替わりの一連の儀式が全て終われば、安定的な皇位継承を巡る検討に着手する。

 最近は新型コロナの新規感染者数が減少傾向にあり、旅行需要喚起策「Go Toトラベル」事業で、これまで除外されていた東京を10月1日から対象とするなど経済活動も再開している。「こういう状況ならできる」(官邸幹部)と判断した。ただし、感染防止対策として、賓客らを招く祝宴「宮中饗宴(きょうえん)の儀」は行わず、招待客も絞る方針。準備に1カ月~1カ月半程度かかるため、政府は早期に日程を決めたい考え。延期した際と同じく、新たな日程も閣議決定するとみられる。感染が再び広がった場合には、再…

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文919文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. JR東海が初の赤字、1920億円予想 新幹線利用の激減響く

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです