メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三笠宮妃百合子さま、心不全と診断 入院期間、2~3週間程度に

三笠宮妃百合子さま=皇居・宮殿で2019年1月2日、小川昌宏撮影

 宮内庁は28日、肺炎で入院されている三笠宮妃百合子さま(97)が、心臓の機能が弱まる心不全と診断されたと発表した。心臓から血液を送り出すポンプ機能が低下して胸水などの水分が体内に蓄積しているため、投薬治療を受ける。平熱で体調は落ち着いており、食欲もあるという。

 百合子さまは24日に聖路加国際病院(東…

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文346文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  5. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです