これが日本史上最大の「江戸城天守」 30分の1復元模型、29日から公開

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
30分の1の大きさで製作された江戸城の天守の復元模型=皇居・東御苑で2020年9月28日午前10時半、稲垣衆史撮影
30分の1の大きさで製作された江戸城の天守の復元模型=皇居・東御苑で2020年9月28日午前10時半、稲垣衆史撮影

 宮内庁は、日本史上で最も高い天守だったとされる江戸城の天守の復元模型を製作し、29日から皇居・東御苑内(東京都千代田区)で公開する。一般に開園されている東御苑の本丸地区は江戸城の中心があった場所で、政府の観光戦略の一環で宮内庁が模型を製作した。新型コロナウイルスの影響で今春の公開が遅れていた。

 宮内庁によると、模型は実物の30分の1の大きさで、石垣からの高さは約2メートル。石垣や屋…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文484文字)

あわせて読みたい

ニュース特集