メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わいせつ処分教員に「免許再交付しないで」 5万4000人の署名、文科省に提出

文部科学省=東京都千代田区で

 教員のわいせつ行為や体罰によって被害を受けた子どもの保護者らでつくる「全国学校ハラスメント被害者連絡会」(東京都千代田区)は28日、わいせつ行為で懲戒免職処分を受けた教員に免許を再交付しないよう求める陳情を、約5万4000人分の署名を添えて文部科学省に提出した。

 署名は9月4日以降にインターネットの専用サイトを使って集めた。懲戒免職によって失効した教員免許を再取得できるまでの欠格期間を3年と定めた教員免許法を改正し、わいせつ行為による処分歴がある教員には再取得を認めない…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文595文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もっと受け入れろ」と苦情も コロナ患者受け入れホテルはいま

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです