メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滋賀のアイドル「フルーレット」が30日解散 コロナで延期の卒業ライブ中止

2019年12月に開いた定例ライブで、集まったファンを前にパフォーマンスするフルーレットのメンバー=大阪市北区のMBSちゃやまちプラザで2019年12月22日午後2時5分、成松秋穂撮影

[PR]

 滋賀のご当地アイドル「フルーレット」が28日、公式サイトで、9月いっぱいでの正式解散を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期していた解散(卒業)ライブは中止とし、30日をもってメンバー全員が卒業する。リーダーの辻梨央さん(22)は毎日新聞の取材に「いつかどこかでまた集える日が来ることを願って、それぞれの夢や目標に向かって頑張ります」と決意を語った。

 フルーレットは2013年7月に前身グループの妹分としてライブデビューし、14年5月に本格的に活動を開始。県内外で活動し、全国のご当地アイドルコンテストの頂点に立つなどしてきた。現在は17~22歳の7人が在籍するが、19年12月、「ご当地アイドルとしての活動をやり尽くした」として3月28日にライブを行いメンバー全員が卒業し、解散すると発表した。

 しかし、新型コロナウイルスの感染が広まり、ライブハウスなど屋内の密集空間でクラスター(感染者集団)が形成される可能性が指摘されたため、運営会社「フレンド滋賀」は3月、ライブ開催の延期を発表。「安心して開催できる環境になれば開催する」と説明し、メンバーが日替わりで動画配信するなどしてきた。

 解散ライブは、ライブを定期的に開いていた大阪市北区の「MBSちゃやまちプラザ」(定員約300人)で開催予定だった。ちゃやまちプラザは現在、配信イベントのみを行っており、観客を入れたイベントの再開のめどは立っていない。

 フレンド滋賀の石澤正義代表は「仮に人数を制限した上で開催できても、かけ声を禁止せざるを得ないなど、ファンの期待には応えられない。メンバーが次のステップへ進める環境を整えるための苦渋の決断」と理解を求め、「本来の形で開催できるようになれば、再び集まって、解散ライブを開きたい」と話した。【成松秋穂】

メンバーが公式サイトに掲載したメッセージ(抜粋)

辻梨央さん(22)

 解散を発表してから最後のライブをずっと待っていてくださったことと思います。私達も切実にその日を待ちわびていましたし皆さんに待っていて欲しいと言っていたのにこのような形になり、ごめんなさい。私達はこのフルーレットを通して成長し、また新たにそれぞれの道を歩む決断をしました。全てフルーレットで過ごした日々があったからこそです、ファンの皆さんをはじめ支えてくださった関係者の皆さん本当にありがとうございました。

 またどこかで集う日がくればと思いながら私も立ち止まらず、一層努力し、あゆみ続けます。

涼賀あかりさん(21)

 解散すると発表してから、半年が経(た)った9月30日、結局卒業ライブを開催できずにフルーレットとしての活動に幕を閉じることになってしまい、やりきれない気持ちでいっぱいです。もっとみんなと会いたかった、話したかった。振り返れば心残りもあるけど、フルーレットに加入することができ、2年9ヶ月の間活動してこれたことはあかりの一生の宝物です。

 これからはソロとして活動を続けていきます。与えることが出来なかった分、今後の活動を通して新しいあかりを通して恩返しをしていきます。これからもよろしくね!

清水満月さん(19)

 私が青春時代をアイドルに捧(ささ)げた約7年間は、いつも最高に楽しく、時には悔しく、とても濃いものでした。だからこそ最後はファンの皆さんに逢(あ)って、感謝の気持ちを伝えたかったし悔いなく卒業したかったので、このような状況になり正直、呆気(あっけ)なく終わるのがすごく悲しくて残念です。

 ファンの皆さん、数多くのアイドルがいる中でフルーレットとまるなのことを見つけて、好きになってくれてホントにありがとう。これからの人生、今までの経験を無駄にすることなく頑張りたいと思ってるし、皆さんの人生も応援してます。みんな大好きだよ!

那須雅さん(20)

 解散ライブができなくなってしまい、それでもいつか開催できる日を心待ちにしてくださり今も変わらず応援してくださっているみなさんには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。このご時世で仕方のないことですが、私自身もすごく悔しいです。

 私の中でファンの方の存在はとても大きくて、みなさんの笑顔や温かさに何度も救われましたし、悔しくて心が折れそうになったときも諦めずに前を向いて頑張ることができました。数え切れないほどのみなさんとの思い出、ずっとずっと私の宝物です。アイドルになれて幸せでした。今まで本当にありがとうございました。

赤田陽菜さん(21)

 卒業ライブをして見送って欲しかったけど、どうしてもできる状態じゃなくて文面になってしまいました。だけど、また皆さんの前で輝いて元気を与えたいので忘れないで待っててください。

 嬉(うれ)しい時も悔しい時も悲しい時も感動する時も楽しい時もファンの皆さんがいて凄(すご)い幸せでした。フルーレットとして活動出来てファンの皆さんに出会えて本当に人生が変わってたくさんの夢を見させてくださりありがとうございました。

 関わってきた皆さんに心から感謝しています。ずっと大好きです。

岡田莉那さん(18)

 この活動を通して本当に色んな事を学ばせて頂き、とても貴重な経験を沢山(たくさん)させて頂きました。どんな時でも全力で私たちの事を応援してくださり、支えてくださる皆様は私たちの誇りで宝物です。感謝してもし切れない気持ちでいっぱいです。

 素敵なメンバーと共に活動出来たことも凄く感謝しています。全ての方に感謝の気持ちを込めて、2020年9月30日をもって卒業します。またどこかで皆様に会えると信じて。これからも私らしく頑張ります。今日まで本当に本当にありがとうございました。

北川歩乃海さん(17)

 コロナウイルスの関係もあり、やむを得ない判断ですが、皆さんに直接お礼を言えないのがとっても悔しいです。フルーレットとして、そしてメンバーと一緒に最後のライブをし、皆さんと最高の思い出を共有したい想(おも)いでいっぱいでした。

 皆さんに出会えた事は、私の宝物であり大きな財産です。支えて下さったファンの皆さん、関係者の皆さんに感謝してます。本当にありがとうございました。

 次のステップ、夢に向けて挑戦、頑張ります! また皆さんとお会い出来る日を楽しみにしています。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです