メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

志村けんさん像設置へクラウドファンディング 東京・東村山市、目標2400万円

志村けんさん

[PR]

 東京都東村山市の渡部尚市長らは28日、3月に新型コロナウイルス感染症のため70歳で亡くなった同市出身のコメディアン、志村けんさんを顕彰する銅像を設置するため、クラウドファンディングで資金を募ると発表した。西武線東村山駅東口に設置予定で、29日から2400万円を目指しスタートする。

 銅像プロジェクトは東村山青年会議所、商工会青年部と市でつくる実行委員会が進める。中野陽介実行委員長によると、2021年夏に同駅前の「志村けんの木」付近に設置する計画だ。等身大を想定し、「アイーン」や「だっふんだ」などギャグポーズを検討中で「市民や全国のファンにとって象徴的な、志村さんらしいものを考えたい」。遺族も賛同しているという。

 寄付は1口1000円で最大30口。銅像の製作・設置や関連費用に使用する。

 渡部市長は「志村さんは昭和から令和まで、笑いの力で元気をくれた。功績を伝え、コロナを乗り越えて次の時代に一歩踏み出すためにも協力をいただきたい」。中野さんは「新型コロナに立ち向かう希望の光になってほしい」と話した。

 志村さんに対しては同市議会が6月、名誉市民の称号を授与している。【和田浩明】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです