メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

なぜ前が凸で後ろが凹? バスやトラックのホイール形状がタイヤによって異なる謎

情報提供:カートップ

なぜ前が凸で後ろが凹? バスやトラックのホイール形状がタイヤによって異なる謎

ひとつのホイールで複数の車輪に対応するための手段

 前後異径など、サイズの違いはあっても、乗用車の場合、見た目が違うことはない。一方、トラックやバスなどの商用車になると、前後で形が違うことがある。フロントはセンター部分が手前に出ていて、リヤは逆に凹んでいるのだが、よく考えるとユニークというか、変わっている。

 そのようになるのは、リヤがダブルタイヤになる場合で、ひとつのホイールですべての車輪をまかなうために、表向きに付けたり、反対側に付けたりしている。つまり、センター部分が出っ張っていれば、向き合わせてふたつのホイールをハブに付けることができるというわけだ。

トラックのイメージ

 ひとつのホイールですべての車輪に対応させている理由のひとつは、スペアタイヤの問題があって、別々にするとそれだけスペアタイヤが必要になって、商用車で問題の積載量にも影響を与えてしまう。ただし、過去には小型トラックを中心に前後異径のホイールを採用している例はあって、リヤが小さいのが特徴だった。それは荷台を低くする低床化のためで、ちょっとしたブームになったが、現在は下火になっている。

 そもそもなぜリヤはタイヤをふたつ重ねて装着しなくてはならないかというと、荷重の問題。荷物を満載したときにはタイヤに非常に大きな荷重がかかってくる。そうなると、サイドの剛性などの関係で1本では支えきれないので、2本で支えているのだ。

大型バスのイメージ

 そして最近の注目が、ワイドシングルタイヤやスーパーシングルタイヤと呼ばれるとても太いタイヤ。要はシングル2本分を1本にしたもので、実際の装着も増えていて、積載量のアップや燃費の向上、コストの削減など、メリットが多いことから今後も増えていくだろう。

ミシュランのワイドシングルタイヤ X ONE


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  3. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  4. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです