メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

インフル、コロナとの同時流行へ備えは? 予防接種、優先順位守って 日本感染症学会、石田直医師に聞く

倉敷中央病院の石田直副院長=同病院提供

 終息の兆しが見えない新型コロナウイルス。この冬、インフルエンザと同時に流行したら、どうなるのか。日本感染症学会は8月、「流行が重なれば重大な事態になる」と警鐘を鳴らした。どんな事態が想定され、どう備えたらいいのか。同学会で中心になって提言を取りまとめた倉敷中央病院(岡山県倉敷市)副院長の石田直(ただし)さん(60)に聞いた。

 新型コロナとインフルエンザの同時流行に備え、厚生労働省は発熱患者の受け入れ態勢の見直しや、高齢者らへのインフルエンザワクチン優先接種の呼びかけなどの方針を示している。

この記事は有料記事です。

残り3060文字(全文3308文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 四国銀行vs初陣ハナマウイ 第5日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗野球

  2. 四国銀、初陣のハナマウイから先制 山中がソロ 都市対抗野球

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです