メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

今週の筆者は作家・島本理生さん 間違っていても、星屑のように

島本理生さん=根岸基弘撮影

 *8月25日~9月28日

 ■日本SFの臨界点[恋愛篇](伴名練編・2020年)ハヤカワ文庫・1100円

 ■もう、聞こえない(誉田哲也著・2020年)幻冬舎・1760円

 ■星の子(今村夏子著・2019年)朝日文庫・682円

 普段から理屈のとおらないことを信じているわけではないが、夏が終わると、奇妙な思い出が一つ、二つ残るときがある。

 一人暮らしの頃に部屋で子供の笑い声がしたり、旅先の宿で足を引っ張られるような感覚を自分とまわりが同時に覚えたり、といったようなことだ。

この記事は有料記事です。

残り1371文字(全文1606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです