連載

Interview

映像や舞台、音楽、文学などで活躍する人に作品への思いをインタビュー。新たな一面がのぞくかも。

連載一覧

Interview

山下洋輔 自分をぶつけて演奏 ベートーベンの名曲、ジャズ化

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ジャズピアニストの山下洋輔がベートーベンの名曲をジャズ化するコンサートが10月16日、東京・池袋の東京芸術劇場コンサートホールで開催される。

 ベートーベン生誕250年を記念し、同会場が企画する「ミーツ・ベートーヴェン」シリーズの3回目(2回目は中止)。ピアノソナタの6番や8番「悲愴」、14番「月光」や交響曲9番、6番「田園」、5番「運命」など、名曲中の名曲を山下流のジャズに変貌させる予定だ。

 「依頼を受けて『嫌だな』『面白いな』と同時に感じましてね。こんな時、ジャズマンは『やろう!』となる」と勢いに乗ったことを明かしたうえで「ジャズは本来『誰もが知っている曲をヘンにする』という原則を持っている。それを面白がる音楽」とジャズを定義。「今回は対象が限りなく大きいが、それをお借りしまして山下がアドリブをご披露しようと思っています」と狙いを定める。「ジャズマンの本格的なクラシック演奏を期待さ…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文797文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集