ワーケーション、県内普及目指す 40団体が協議会設立 /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 観光地などでテレワークをする「ワーケーション」の普及を進めるため、県内の企業や団体、自治体でつくる「宮城ワーケーション協議会」が設立された。ワーケーションとは、仕事と休暇を組み合わせた新たなライフスタイル。新型コロナウイルスの感染拡大でテレワークの需要が高まる中、新たな働き方として注目される。

 協議会には、県や市町のほか、宿泊・観光…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文301文字)

あわせて読みたい

注目の特集