メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香山リカのココロの万華鏡

私にも何かできるはず /東京

 新型コロナウイルスの感染拡大が国内でも問題になってから、もう半年以上がたった。ここに来て「こころが疲れた」と訴える人が増えているように思う。3、4カ月なら「がんばろう」と自分を励ましながらやってこられても、6カ月となると「まだ続くのか」と気持ちがめいってくる。からだ中の神経も緊張に耐えられなくなり、頭痛、吐き気や胃痛などの症状が出てくることもある。

 個人情報は伏せておくが、ある女性は留学先の国にいる子どもとこの先、いつ会えるのかと思うと、いても立ってもいられなくなると言って診察室にやってきた。これまでも半年以上、会わないことはあったが、「行こうと思えばいつでも行ける」と思うと平気だったそうだ。ところが今回は違う。「もし、留学先で病気になっても、すぐに日本には帰れないし、私たち親が看病に行くこともできないんです。いつまで続くのでしょう」と女性…

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文970文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  2. 「はやぶさ2」とカプセルの撮影に成功 京大・岡山天文台と鳥取市の施設

  3. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  4. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  5. コロナ重症病床、7都府県で使用率20%以上に 医療崩壊に現実味

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです