メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大和森林物語

/68 建築から見える森の姿/1 法隆寺、木材の出所は? /奈良

 森は山にだけあるのではない。木材となって街で生かされた状態を「街の森」と呼ぶこともある。そこで木造建築物から建てられた時代の森の姿を追ってみよう。第1回は、やはり法隆寺だ。

 現存する世界最古の木造建築。法隆寺を紹介する文章によく使われる文言だ。

 法隆寺は1度焼けて、再建は西暦700年前後に行われたとされる。だから五重塔や金堂などは、今から1300年以上前の建築だろう。

 訪れた境内は、コロナ禍で閑散としていた。寺院や観光関係者には申し訳ないが、おかげで静かに眺められる。

この記事は有料記事です。

残り971文字(全文1208文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  4. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  5. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです