メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 高野町へ「お帰り」 出身者に宿泊費など割引券 観光協 /和歌山

[PR]

 高野町観光協会は、町出身で町外在住者を対象に、宿泊費や飲食費、乗り物の乗車券などの割引券がプレゼントされる「心のふるさと『高野山お帰り』キャンペーン」を始めた。同協会によると、新型コロナウイルスの影響で里帰りができなかった町出身者が多く、担当者は「ゆっくりと古里に帰ってもらってリフレッシュしてもらうことが町経済の活性化にもつながる」と期待している。

 対象は、高野町出身者や町内に住んだことのある人で、家族などの同伴も可。応募すると、南海電鉄の主要駅―高野山駅間の往復と、高野山内のバスが2日間乗り放題となる「高野山世界遺産きっぷ」が付いてくる。

 また、宿坊の宿泊代などに使える補助券3000円分と、町内施設での飲食や買い物に使用できるクーポン3000円分もプレゼントされる。

 同協会は、家族旅行や町内の学校卒業生らの同窓会開催などでの利用も呼び掛けている。申し込みは2021年2月28日までで先着500人。使用期間は10月1日~21年3月29日。申し込み、問い合わせは同協会(0736・56・2468)。【藤原弘】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. クローズアップ 自殺者、11年ぶり増加 思い詰める前に相談を コロナ禍、女性と若者顕著

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです