メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

先進安全自動車、普及に向け協定 県警と自販連支部 /和歌山

協定を結んだ県警の森昇治交通部長(左)ら=和歌山市西の県警交通センターで、木村綾撮影

 県警と日本自動車販売協会連合会県支部は28日、自動ブレーキなどが搭載された「先進安全自動車」の普及に向けた協定を結んだ。連携して試乗会などを実施していく。

 県警交通企画課によると、県内では1~8月、1018件の人身事故が起き、約3割が高齢者の運転が関係する事故だった。種類別では、車同士の追突事故が…

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文348文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです