メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ早期終息願う 雅楽の奉納演奏 紀州東照宮 /和歌山

神前で雅楽を奉納する「天地空」のメンバー=和歌山市和歌浦西2の紀州東照宮で、橋本陵汰撮影

[PR]

 和歌山市和歌浦西2の紀州東照宮で、雅楽の奉納演奏があった。愛好者の団体「大阪楽所」で稽古(けいこ)する有志3人によるグループ「天地空(てんぢく)」が、笙(しょう)や篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)といった管楽器を演奏し、新型コロナウイルスの早期終息を祈った。

 天地空代表の雑喉(ざこう)泰行さん(43)が、紀州藩十代藩主、徳川治宝(はるとみ)のものと伝わる楽器を所持していたことが縁で、奉納演奏を申し出た。

 雑喉さんは「はやり病が終息するようにと演奏した」と話した。紀州東照宮の西川秀大祢宜(ねぎ)(46)は「響きが良く、楽器も喜んでいると感じた。願いが通じてほしい」と話した。【橋本陵汰】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです