メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

輝集人

県高野連理事長 伊藤誠悟さん(47) 舞台裏で選手支える /和歌山

伊藤誠悟さん=和歌山市砂山南3の和歌山県立和歌山商業高校で、橋本陵汰撮影

 高校野球の独自大会が行われていた7月26日、和歌山市の県営紀三井寺球場。雨が降りしきり、ぬかるんだグラウンドを見る表情は厳しかった。2017年から県高校野球連盟の理事長を務め、試合の中止、中断を決める役割を担う。「絶対、決勝まで実施する」。新型コロナウイルスの影響で部活動もままならぬ中、今年は特に球児への重い責任を感じていた。

 有田市出身。周囲の友だちの影響で小学3年から始めた野球だが、「甲子園もプロも目指していなかった」。耐久高校では主力選手として3年時に4番を務め、大学野球部からも声がかかったが「楽しく野球がやりたかっただけで、高校で一区切りと思った」と選考試験は受けなかった。

この記事は有料記事です。

残り663文字(全文958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです