連載

検証

ニュースの背景を解説、深掘りリポート。

連載一覧

検証

菅氏の経済人脈、首相就任で可視化 重点政策、個別に進言

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
首相官邸に入る菅義偉首相=28日、竹内幹撮影
首相官邸に入る菅義偉首相=28日、竹内幹撮影

携帯値下げ 地銀再編 外国人客誘致

 首相就任を機に、菅義偉首相の経済人脈が「可視化」された。就任前の官房長官時代に、平日の朝食や休日の昼食などを通じて頻繁に面会して意見を聞いてきた面々だ。携帯電話料金の引き下げや地方銀行再編など、首相が掲げる重点政策を説く人物が多く、菅政権の経済政策の行き先を示す指標として注目が集まっている。

 マクロ経済を強く意識していたアベノミクスに比べて、菅首相が現段階で掲げる経済政策は、個別の課題に焦点を当てているのが特徴だ。改革の成果が分かりやすい一方、特定のブレーンから影響を受けすぎれば政策にひずみが生じる恐れもあり、経済界は「スガノミクス」の動向を注視している。

この記事は有料記事です。

残り2680文字(全文2979文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集