メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

コロナ禍と「同調圧力」=「世間」評論家・佐藤直樹氏

 「感染者バッシング」==に「自粛警察」「マスク警察」……。世界で新型コロナウイルスが猛威をふるう中、なぜか特に日本で顕著だった社会現象がある。「日本世間学会」幹事で九州工業大名誉教授、佐藤直樹さんにこれらの現象について「世間」と「同調圧力」というキーワードを用いて読み解いてもらった。【聞き手・小国綾子、写真・藤井太郎】

――コロナ禍で「自粛警察」や「感染者バッシング」が起きたのはなぜでしょう。

 この国特有の「世間」の同調圧力が原因だ。多くの日本人は「世間に迷惑を掛けるな」と育てられ、世間に波風を立てることは悪だとすり込まれている。だから国や自治体の「自粛要請」に逆らう者を発見すると「世間に迷惑を掛けている」と考え、「自分が迷惑を掛けられた」と思い込む。誤った正義感に突き動かされ、通報や抗議、脅迫までしてしまう。

この記事は有料記事です。

残り1591文字(全文1951文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  2. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  5. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです