福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類で全廃

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
福岡市役所=福岡市中央区で2019年2月24日、森園道子撮影
福岡市役所=福岡市中央区で2019年2月24日、森園道子撮影

 福岡市は28日、市民が市に提出する各種書類への押印義務を9月末までに可能な限り廃止し、いわゆる「ハンコレス」化が完了すると発表した。国や県の法令で義務づけられている約900種類の書類を除き、市単独で見直せる約3800種類を全て廃止とした。

 市は2019年1月から本格的にハンコレス化を推進。本格開始前は約700種類にとどまり、…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文410文字)

あわせて読みたい

注目の特集