メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類で全廃

福岡市役所=福岡市中央区で2019年2月24日、森園道子撮影

[PR]

 福岡市は28日、市民が市に提出する各種書類への押印義務を9月末までに可能な限り廃止し、いわゆる「ハンコレス」化が完了すると発表した。国や県の法令で義務づけられている約900種類の書類を除き、市単独で見直せる約3800種類を全て廃止とした。

 市は2019年1月から本格的にハンコレス化を推進。本格開始前は約700種類にとどまり、2020年度中の完了を目標に掲げていたが、新型コロナウイルスの影響で行政手続きの見直しの必要性が高まり、前倒しすることにした。

 見直されたのは、高齢者乗車券の申請書兼受領書(年約15万5000件)▽就学援助申請書兼世帯表(年約1万8000件)▽保育所の入所手続きの現況届(年約3万2000件)――など。

 押印を巡っては、河野太郎行政改革担当相が全省庁に対し、行政手続きで印鑑を使用しないよう要請し、使う必要がある場合は理由を今月中に回答するよう求める事務連絡を24日に出している。【加藤小夜】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  4. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  5. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです