メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

河野氏、はんこ業界に配慮? 「蔵書印とか落款印は自分も使っている」

河野太郎行政改革担当相=田辺佑介撮影

[PR]

 河野太郎行政改革担当相は29日の記者会見で、全省庁に不必要な押印の原則廃止を求めていることを巡り、全日本印章業協会の徳井孝生会長らと札幌市で28日に面会したと明らかにした。河野氏は「行政手続きの中で不要なはんこを廃止することでご理解いただいた」と紹介。一方で「はんこは文化的な側面もあるので、はんこ文化を振興するお手伝いは積極的にやっていきたい」と業界による文化振興に協力していく考えを示した。

 河野氏は会見で「蔵書印とか落款(らっかん)印とか自分も使っているものもある。そういう文化を広げていくのは業界がしっかりやっていかれると思う」と強調。業界によるはんこ文化の振興には期待感を示した。

 河野氏は28日、自民党議員の紹介を受け、徳井氏や北海道印章業組合連合会の村本昌王会長と面会した。「はんこ廃止」を掲げる河野氏だが24日にはツイッターで「ハンコ文化は好きです」と投稿するなど、業界の不安や反発には配慮する姿勢を示している。【田辺佑介】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 所信表明さながら? 枝野氏「共生社会」提唱で対立軸設定急ぐ

  3. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  4. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです