NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
NTTドコモ本社が入る山王パークタワー=東京都千代田区で、西夏生撮影
NTTドコモ本社が入る山王パークタワー=東京都千代田区で、西夏生撮影

 NTTは、携帯電話事業を手がけるNTTドコモを完全子会社化する検討に入った。投資額は約4兆円で株式の公開買い付け(TOB)を実施する。通信事業を巡る世界的な競争が激化する中で、次世代通信規格「5G」やIoT(モノのインターネット)など成長事業の展開に向け、グループ一体の経営を推し進める。週内の取締役会で決定する見通し。

 TOBが実現すればドコモは上場廃止となる。NTTは2020年3月末時点で、ドコモの6割強の株式を保有しており、TOBによって残る3割強の株式の取得を目指すとみられる。

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文576文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集