メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ダッシュボードの先の風景が透けて見える…京セラのコンセプトカー「モアイ」 光学迷彩技術を利用

 京セラのコンセプトカー「Moeye(モアイ)」=29日午前、京都市

[PR]

 京セラは29日、運転席に次世代技術を採用したコンセプトカー「Moeye(モアイ)」を開発し、報道関係者に公開した。物体を透明に見せる光学迷彩技術を使うことでダッシュボードの先の風景が透けて見え、ドライバーの視野が広がり道路状態を確認しやすい。自動運転技術の進化で車内空間の重要性が高まっていることに対応した。

 光学迷彩技術の専門家である東京大先端科学技術研究センターの稲見昌彦教授と共同開発した。車体の前部に8台のカメラを搭載し、運転席から見える風景を映像処理して特殊な素材を使用したダッシュボードに映し出す。3D映像を映すこともできる。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  2. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 保守派バレット氏連邦最高裁判事指名で米国は変わるのか 揺らぐオバマケア、中絶の権利

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです