メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホンダ 固定の通勤手当廃止 コロナでテレワーク定着 在宅勤務手当新設

ホンダ本社=東京都港区で、武市公孝撮影

 ホンダは10月1日から、通勤手当の固定支給をやめ、全従業員を対象に実費精算へ切り替える。新型コロナウイルスの感染拡大でテレワークする従業員が増えたため、在宅勤務手当を新たに設ける。テレワークの定着で通勤時間の削減やペーパーレス化を進め、生産性向上を目指す。

 公共交通機関で通勤する従業員には定期券代、自動車通勤者にはガソリン代を1カ月単位で固定支給してきたが、10月から出社日数に応じた支払い方法に変更する。対象は本社などの事務部門や工場など国内で働く約4万5000人。現在も平均5割程度の従業員がテレワークを続けており、職場ごとに出社率の上限を定めている。この…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文705文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです