メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛知の商業地8年ぶり下落 岐阜は全国最大の全地点平均-2% 基準地価

商業地で全国4位の地価下落率となった名古屋・栄の繁華街=名古屋市中区栄3で2020年9月26日、兵藤公治撮影

 29日発表された基準地価(7月1日時点)は、東海3県で新型コロナウイルスによる経済悪化の影響をとりわけ大きく映し出した。愛知県では商業地が8年ぶり、住宅地は東日本大震災直後の2011年以来9年ぶりに下落。3県随一の繁華街、名古屋・栄が著しく落ち込んだ。影響は観光地でも目立ち、岐阜県高山市の奥飛驒温泉郷は商業地で全国一の下落率となった。

 愛知県ではリニア中央新幹線(27年に品川―名古屋開業予定)への期待などから13年以降、商業地で緩やかな上昇傾向が続き、19年は前年比プラス3・7%だった。20年は一転してマイナス1・1%に。下落率は名…

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文825文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 4800万円脱税罪、人材派遣会社を起訴 横浜地検 売り上げ6億円申告せず

  2. 神奈川・逗子斜面崩落 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです