メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「中国はどう喝、威圧、脅迫、何でもあり」米特使、核拡散防止に日本も働き掛けを

東京都内でオンライン記者会見に応じるビリングスリー米大統領特使(軍縮担当)=2020年9月29日(在日米国大使館提供)

 来日したビリングスリー米大統領特使(軍縮担当)は29日、東京都内でオンライン記者会見し、米国などとの核軍縮交渉に応じない中国について「核拡散防止条約(NPT)6条に基づき、誠実に交渉に臨む義務がある」と指摘し、日本政府に対しても中国に交渉入りを働きかけるよう求めた。

 ビリングスリー氏は「(沖縄県の)尖閣諸島での日本漁船への嫌がらせや南シナ海での違法な人工島の建設・軍事化など、中国共産党政権はどう喝でも、威圧でも、脅迫でも、何をしてもよいと思っている。大量の核兵器保有で『核…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 石破派、動揺続き「無政府状態」 会長辞任1週間 突然の例会中止 他派閥は引き抜き工作

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです