みっともないけど確かな絆 映画「喜劇 愛妻物語」 足立紳監督が描く家族像

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
オンラインで質問に答える足立紳監督=望月靖祥撮影
オンラインで質問に答える足立紳監督=望月靖祥撮影

 仕事もないのにすけべなことばかり考えているダメ男と、いつもイライラして怒鳴り散らす鬼嫁――。そんな2人の夫婦生活を笑いと涙で描いた映画「喜劇 愛妻物語」の全国ロードショーが今月スタートし、邦画ファンの人気を集めている。脚本・監督は鳥取県倉吉市出身で、今や売れっ子脚本家の足立紳さん(48)=東京都。地元での公開(11月6日、同県日吉津村・MOVIX日吉津)を前に、山陰が生んだ鬼才にオンラインで見どころなどを聞いた。【聞き手・望月靖祥】

 ――全国ロードショーが9月11日に始まりました。

この記事は有料記事です。

残り1601文字(全文1845文字)

あわせて読みたい

注目の特集