メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

眼鏡に装着するフェースガード(飲食時)=庄司哲也撮影

 群馬県渋川市内のグッズ製造会社「シェリー」(清塚徹社長)は、装着したままでも飲食を楽しめるフェースガードを開発した。試作段階だが、近く商品化する。清塚社長は「接待を伴う飲食店など幅広い用途がある」と話す。

 今回開発したのは眼鏡のフレームに装着するタイプ。可動式で、口元の部分を上げると、着けたままで…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文377文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 高相容疑者、覚醒剤使用の疑いで逮捕 酒井法子さんの元夫 警視庁

  4. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです